海の石でつくる子どもの世界


 

あかね幼稚園(年長さん)

2021.6.28


午後の年長さんも、テーマは『石』です。 年長さんには、少し小さめの石を大量に持ってきました。木枠の中にこの石たちを組み合わせて、作品を作ってもらいます。 年長さんにはもうひとつ課題を! 今回は、石の色をうまく活かした制作にチャレンジです。 最初は石の観察から。 石にもいろいろあります。形、色、模様、質感… 触ったり、においを嗅いだり、見比べてみたり、石の違いを感じながら、作品のイメージをふくらませます。 使いたい石を選んで、制作スタートです。 石を並べながら、配置を考え、先生たちにグルーガンで接着してもらいます。 『なに作ろうー?』 『白いつぶつぶの石をいっぱい貼って雪みたいにしようかな?』 『ハートみたいな石あったからこれ使う!』 最初は悩んでいた子どもたちも、並べながら考えていくうちに、だんだんイメージが見えてきたようです。 石で形を作ったら、仕上げにペンや絵の具で木枠を装飾します。 さらに鮮やかに、楽しい作品に進化していきました。 『これは目玉焼きだよ』 『海の石だから海の絵にした!』 『新幹線好きだから石のはやぶさ作った!』 園児のみなさんが作った重厚感のある力作たち。 ずらっと並べてみると、まるで美術館のようでした。