海のジュエルソープをつくろう!


 

陸奥湊でミナトイズ2(陸奥湊×アートイズ)

2021.7.4


今回のミナトイズは、陸奥湊駅前休憩所にて、キラキラの鉱物のようなジュエルソープ作りにチャレンジです。

まず最初に、本物の鉱物を見ながら、鉱物の説明をしました。

キラキラ、ザラザラ、つるつる、青、緑、まだら、透明、赤…様々な種類がある鉱物…

子どもたちは美しいそれらに興味津々。

特に女の子たちはうっとりです。

イメージをつかんでもらったら、お待ちかねのジュエルソープ作りです。

まず、元となる透明な石鹸、グリセリンソープを、型抜きなどを使い細かく切っていきます。

その細かく切ったグリセリンソープをお鍋で溶かします

とろとろの液体ができたら紙コップに入れて、少量の食紅を使用し好きな色に色づけします。

それを、そーっとプラコップに流しこみます。鉱物に近づけるためには、コップを斜めに傾けた状態で流し込みます。

最初に入れたグリセリンソープが固まったら新しい色のグリセリンソープを流し込む…それを繰り返し、斜めの層を作っていきます。

シリコン型バージョンも制作しました。

用意した型から、自分の好きなものを選び、お菓子作りのように流し込みます。

ラメを入れたり、層にしてみたり…

親御さんといっしょに協力してどんどん作っていきました。

固まった石鹸はカットし、鉱物のように仕上げていきます。ナイフの作業ですので、気をつけながら親御さんと一緒にカットします。

カットすると断面が現れ、とても綺麗なジュエルソープが完成しました!

シリコン型の方も取り出していきます。

魚型やドーナツ型、ハート型、お花型のキラキラのかわいいジュエルソープが続々と完成しました!

たくさんできたジュエルソープを箱いっぱいに詰め込んで、みんな満足そう。

まるで宝石箱のようです。

近年、コロナウイルス対策として、手洗いは欠かせないものとなりました。

自分で作ったジュエルソープなら、手を洗うことが楽しくなるかもしれません。

『手を洗わなくてはいけない』から『手を洗いたい』に。

今回は、そんなデザイン性も含んだアートイズになったかと思います。