木っ端でクリスマスオーナメントづくり


 

あかね幼稚園(年中さん)

2020.12.10


今回は、もうすぐやってくるクリスマスにちなんで、壁面を飾るオーナメント作りにチャレンジ!

用意した材料は大量の木っ端です。小さな木っ端から、棒材の木っ端、薄い板材の木っ端、お父様が大工さんという園児からご提供いただいた柱に使うような大きな木っ端までいろいろな形を用意しました。

材料の中には数年前のアートイズで、先輩園児たちが残していってくれたすてきな装飾済みの木っ端もあります。

今回はこれらを自由に組み合わせ、接着し、壁飾りを制作します。

説明を聞いたらさっそく好きな形の木っ端を探します。

『こういう形にくっつけて、リースにしたい!』

『ハンマー作って壁にかざりたい!』

『サンタさんのお家をつくりたい!』

みんな作りたいものが決まったようです。

接着する材料もいろいろあります。

ボンド、両面テープ、セロハンテープ、グルーガン…

『ボンドでくっつかなかったので、くっつけてくださーい』

グルーガンは熱いので、先生たちが担当ですが、子どもたちはまず、なにでくっつくか考えて、やってみて、難しかったら先生に頼むルールにしました。

形ができたら装飾です。

みんな思い思いに飾り付けます。

リボンやポンポンをくっつけたり、ペンで書いてみたり…

最後にヒモを付けて完成です!

幼稚園の壁に飾ってみました。

置物にした子は窓際に。

木の温もりを感じる、クリスマスにぴったりのオーナメントたちが壁面をすてきに彩りました。