top of page

『海苔のりで?! 紙すき&紙ねんどを作ろう☆』


 

アートイズ in EDAUME 東の蔵(旧 枝梅酒造)

2023.9.17(日)


『海苔のりで?! 紙すき&紙ねんどを作ろう☆』


 今日は、EDAUMEさんで六回目のアートイズ

「海苔のりで紙すき&紙ねんどを作ろう☆」というテーマで開催しました。


佐賀と言えば、有明海の海苔!

…ということで海苔のような紙を作りました。


身近な紙って何で出来てる?

紙には縦目と横目がある?

紙を顕微鏡で見るとどうだろう?


きき海苔もしました。

三種類の海苔(佐賀産海苔・瀬戸内海産海苔・神戸産海苔)から佐賀産の海苔を当てたりと、いろんな問いを子どもたちと考えます。

(みんな海苔が大好きで、ノリノリでもりもり食べてました)


 そして次に、お待ちかねの紙づくり。

牛乳パックを煮てフィルムをはがす所からスタート。

みんなのよく知っている牛乳パック。

これを紙の素に変身させる作業です。


それを細かくちぎってミキサーでドロドロの状態にします。

そして型枠に流し入れ、水気をよくきり、型枠から外して完成。


今回はお花紙を絵の具として使用します。

お花紙で着色したり、毛糸やドライフラワーなどをすきこんだり、それぞれ工夫しながらオリジナルの紙の完成です。


海苔のような黒い紙や、工夫を凝らした個性豊かな紙がたくさん出来上がりました。

これを家で完全に乾燥させて、完成です!


紙すきだけではなく、水気を切った紙の素にのりを入れ、紙ねんど作りにも挑戦。

市販の紙粘土とはちょっと違う、自分たちで素から製作した紙粘土の出来上がり!


牛乳パックをムダなく制作に活かすことができました。


今回の体験で、リサイクルの仕組みを知って、リサイクルの大切さ、新たな命を吹き込む楽しさを知ってもらえたらいいなと思います。


 同時進行で、枝梅酒造さんから寄付していただいた、商品撮影用の大きな紙に絵を描くワークショップも行いました。

1枚が4メートル以上ある大きな紙。

子どもたちは、のびのびダイナミックに思いっきり絵を描いていました。


(※子どもゆめ基金助成をいただいて活動しています)


次回開催は10月8日(日)です☆

(お申込開始日は9月24日から先着順で受付いたします)





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【申込方法】メールにて:artis8nohe@gmail.com

 ①【参加希望日】

 ②【参加されるお子様の氏名(ふりがな)】

 ③【年齢】

 ④【住所】

 ⑤【保護者氏名】

  を記載の上、お申し込みください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


(※子どもゆめ基金助成をいただいて活動しています)







 

コメント


bottom of page