『こども日本画見よう見まねの会〜池大雅にならって、点描!〜』


 

 帆風美術館×アートイズ共同企画第2弾です♪とても珍しい「デジタル光筆画」を鑑賞できる帆風美術館で開催いたします。

企画展『池大雅展~水墨の中の色と光』(https://vanfumuseum.on.omisenomikata.jp/)では、中国から伝わってきた南画を「日本の南画」として確立した画家の作品を観ることが出来ます。

今回は、池大雅にまねて、点描で日本画に挑戦します。点描と言えば、フランスの印象派を思い浮かべる方も多いと思いますが、

東洋画では、米法山水(べいほうさんすい)などの呼び名で、中国宋代(960年~)からの絵画様式の一つとなります。

輪郭線は使わず、山や木の形を墨のぼかしで作り、その上に墨の点を重ねてかきあげる技法です。

大雅になりきって、ダイナミックかつ繊細に描いてみませんか?ぜひご参加ください!

【日時】2022年9月11日(日)10:00~12:00

【講師】佐貫 巧(八戸学院大学短期大学部幼児保育学科 准教授)

【対象】年齢制限なし。どなたでも。

【参加費(材料費)】1,000円

【持ち物】なし(汚れても良い服装でお願いします)

【定員】10組程度(要申込・先着順)

【会場】帆風美術館(青森県八戸市北インター工業団地1-5-2)

【駐車場】あり